« ハイチ地震 | トップページ | 中国市場 »

2010年1月15日 (金)

株主責任?うーん?

JALが会社更生法を申請するに当たり株は100%減資されると云う。私も妻も僅かだがJALの株を持っているので、これまでどうなる事か気をもんでいた。昨年末までは更生法適用でなく、銀行の債権放棄をメインにした私的再生で行くと云われ、いわゆる株主責任はほとんど報道されていなかったから半額減資くらいか、と思ってのんびり構えていたのが実情。ところが先の3連休を挟んで裁判所管理下で再生かつ100%減資の方向に大きく方針が代わり、ぼんやりしていたら売る機を逃してしまった。どうやら”先送り・迷走”が代名詞になった民主党政権ならではの再建策の日替わりダッチ・ロールに災いされてしまった様だ。

これがいわゆる株主責任だという事は、資本主義経済の中で活動する人間として所与の事として受け止めるが、”言葉の問題として”我々の様な末端の個人株主まで”株主責任”という言葉でくくられるのはいささか違和感を感ずる。所有する株が紙屑になってしまうのは仕方ないが、株主責任と言われると何の責任があるのだい?とも開き直りたい。我々株主優待目当ての様な少数株個人株主には、”株主責任”などといわず”自己責任”で株が紙屑になってしまった、と云われる方がぴったり来る気がする。民主党の政権が、JAL再建に関わった時から来るべき迷走を予感して、早めに株などを売っておくべきだった、そういう意味で先読みできなかった点では自己責任である。

実際問題として少数株を保有する個人株主には経営者を選任したり監視する事などできないのだから、今回の会社の破綻に少数株主などは実質なんら責任はない。「株主責任として100%減資」と表現されるより”100%減資のツケは自己責任”と云ってもらった方が自分の愚かさが却ってはっきりしてすっきりする。

« ハイチ地震 | トップページ | 中国市場 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ハイチ地震 | トップページ | 中国市場 »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ