« 通勤電車試乗記 | トップページ | 雨天練習場 »

2009年12月10日 (木)

内相整って外相自ら熟す

妻が会社から帰ってから、師走の夜の街にジョギングにでかけた。今年は冬になっても雨の日が多く明日の天気予報が雨なので、今日中に走っておきたいと言って飛び出していった。もう少しで年間ジョギング距離2000キロという目標を達成できそうな自分を叱咤激励している様な感じである。

さて、こういう天候要因に加え、社会人は思わぬ夜の酒席へのお誘いや残業などで、夜間に走ろうと思っていても走れない日がある。そんな時、私は早朝のひと時、事務所に行く前に走るのだが、この季節フトンを跳ね除け、寒風へ飛び出すにはよほどの勇気がいる。明け方の寝床で、うつらうつらフトンの温もりを感じていると「今日はやめてしまおうか」「少し疲れ気味だし」「雨が降ってないかな」と言う悪魔のささやきが頭をよぎるのだ。そんな時はその声を聞きがらも、ガバとばかりフトンを蹴ってとにかく起きてしまう。すると不思議と悪魔のササヤキが消えて、まあ走っても良いかという方に気持ちが少し変わる。

この機を逃がさじとばかり何も考えず体が動くままに、ランパンやTシャツ、ウインドブレーカーなど目に付いたものからかたっぱしに身につけて、寒風の師走の町に飛び出すのである。しかしそうして悲壮な覚悟で走り始めて数分すると、足は自然に前に向かってステップを刻み、「 うん今日も調子は悪くないな 」などと感ずるから不思議なものだ。

そういえば、仏語に「 外相整って内相自ら熟す 」と言うのがあった。仏の前で両手を合わせ深く頭を垂れると、おのずと敬虔な心持が沸いてくる事を云うのだが、この言葉の教えに従って、まず形をよくする事につとめれば、心は次第に形にふさわしいものに変化する様だ。寒い朝でもふとんを跳ね除けて着替えてとにかく走り始めると、いつの間にか無我で走っている事を感じると、この仏語の意味するところが体感でき、お釈迦さんはうまい事をいうものだと感心する。

バルクキャリアー 2009-12-11 22:43:35
まず4時間を切るカタチですよ。昔、高級なスキー板を買ったら急にスキーがうまくなった記憶が。カタチは大事ですね。


院長 2009-12-11 00:11:11
久しぶりに書き込みさせて頂きます!

私目も月間200キロを目指して今宵も皇居警備に行って参りました。先日、家内にロングタイツを購入してあげようとショップに赴き、ついつい自分もロンタイを購入し、今月のモチベーションにしております。

先ずは「形から!」を実践している我々夫婦は、ウェアーだけはサブフォーな二人!

年末年始の走こみ、そして初フルの東京・・・、それまでにどのくらいのランナーズGEARが揃っていることか・・・、モチベーション維持も大変です!

はろー!!!(←酔って帰ってきた妻が打ち込んで床に就きました・・・)

« 通勤電車試乗記 | トップページ | 雨天練習場 »

ジョギング・マラソン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 通勤電車試乗記 | トップページ | 雨天練習場 »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ