« めじろのサンマ | トップページ | 所信表明 »

2009年9月 8日 (火)

どけちの手下

以前から少し気になっていたまま、何となくやりすごしてきた事がある。OUTLOOK EXPRESSでパソコンからE-MAILを送る際、アドレス帳から持ってきたアドレスを、相手の宛先欄にクリックして挿入・送信したとする。その際相手(受け手)のパソコンは「受信者」(受け手自身)の名前に、こちらのアドレス帳に登録されているままの名前が画面表示されるのか、と言う疑問である。

たまたま昨晩、家でメールを発信していたら、ふとその疑問が再燃してきた。さっそく我が家に2台あるパソコンを使って、妻に私のニックネームを思いついたまま彼女のアドレス帳に作ってもらい、そちらのパソコンからメールをしてもらった。で、届いたメールのあて先(私の名前)は、な、なんと、”ぷっつん大魔王”。「えー、これをアドレス帳の私の名前にしたの?」とのけぞりながら聞いたら、妻はとても嬉しそうににやにや笑っている。うまい事を言うもんだと思いつつ、やはりアドレス帳で登録した名前は、メイル受け手のパソコン画面に、そのまま表示される事がわかり納得する。

とすると、自分のアドレス帳に誰かの名前を登録する時に、いい加減な名前を登録しておくとエライ事になるわけだ。日本人に多い名前の鈴木さんなど、鈴木Aだとか鈴木Bなどと言う識別符号をつけて、アドレス帳の”名前欄”に登録すると、自動的に受け手の画面は鈴木Aになり、相手(受け手)にもそれがわかる。Aなら良いが”鈴木の中でも何番目”などのランクが判る様な文字・数字を入れていたら、人によっては面倒な事になりかねない。○○兄・弟だとかはまだしも、最近はやりの中性的名前に、XX(男)だとかXX女などの男女識別文字を加えていたら、受け手は不愉快になるかもしれない。OUTOLOOK EXPRESSでは、そういう場合はアドレス帳に好きな名前を登録した後に、”表示名”欄を、差し障りのないものに手動で訂正しておく必要があるのである。

今までこんな基本的な事を失念していたが、この様にITの世界で「知らない」と言うのは、場合に依っては恐ろしい事態を招く事もある。 おっちょこちょいの私であるから、こんな事を知らなければ調子にのって、例えば支払いに厳しい顧客に 「どけち 」とか、その会社の人に 「 けちの部下 」 などと、ふざけたアドレス帳を作っていた可能性さえある。自分だけのジョークのつもりが、メールをしてみたら、その表示のまま相手にわかっていたりして・・・・・・・。 今日は会社に来て、朝一番あわてて仕事用パソコンのアドレス帳を開き、失礼な識別文字をつけたまま ”表示欄”に登録している人はいないだろうなとあわててチェックしたのだった。

« めじろのサンマ | トップページ | 所信表明 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« めじろのサンマ | トップページ | 所信表明 »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ