« 食糧自給力 | トップページ | 東京マラソン・ボランティア枠 »

2009年9月16日 (水)

ミルキークイーン

20090912_2
コシヒカリの産地、新潟県南魚沼産のミルキークイーン米である。先に神戸の進水式に出席した際、神戸の古くからの米問屋が精米したミルキークイーンをお土産に頂いた。なんでも 「 もっちりした食感。炊いてから時間がたっても劣化が少なく、冷えても固くならない魔法のお米 」 との事である。今日は夕食がカレーなのでその為に炊いたのだが、日本の家庭のカレーにそのもっちりした食感が合って大変おいしかった。贈答用だけあってお値段は判らないが、食べ終わってあちこちのホームページを検索すると、魚沼産のミルキークイーンは魚沼産コシヒカリと同じ位高価らしい。次に炊く時からは、もっと味わって食べる事にしよう。

昨日の米の減反の話で思い出すのであるが、こうした他の品種と差別化した美味しいお米は、贈答用など含め人気が高い様である。一律減反の農業政策などさっさとやめて、専業米作農家が大規模化によってコストを下げたお米とか、やる気のある農家が手間ひまかけて作った高く売れるお米などは、それぞれの市場でどんどん競争して欲しいものである。安い米や高くてもおいしい国産のお米は、その安全性もあって消費者の需要を喚起して消費を増やすし、輸出商品にもなりえると私は感じるのだが。

« 食糧自給力 | トップページ | 東京マラソン・ボランティア枠 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 食糧自給力 | トップページ | 東京マラソン・ボランティア枠 »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ