« たばこ狩とイスラムの怒り | トップページ | 老眼矯正 »

2009年7月10日 (金)

仕事術

経済誌を読んでいたら、「仕事術」と云う記事に参考になる事が出ている。「書類はどんどん捨てる」のだそうだ。

「雑誌や新聞で面白い記事があって、コピーしてファイルしておいても実際のところ二度と見ることはほとんどない。」そうだ。たしかにちょっと面白いなと思っていてもその時だけですぐに忘れてしまう事が多い。「書類は基本的にどんどん捨てる。ただし、あとで必要になることも、ときどきはあるので、ダンボール箱を用意し、いったんそこに捨てる。捨てた書類が必要になるとしても、その直後の数日間のことなので、1週間経ったら捨てても大丈夫」と記事は云う。

私は、一旦コピーしたりメモした書類が、なかなか捨てられない性質である。後で何か役に立ちそうな気がしてついついとって置くのだが、数ヶ月してそんな書類を参考にしたくなる事はごくごく稀である。ましてや、一年経っても見ないものは多分永久に見ないであろう。快適なオフィス環境のためにも「書類をどんどん捨てる」事は必要な事だと時々反省するのである。さっそく来週からダンボール箱をおいて、書類を捨て、一週間たっても見直さないものは捨てて見ようかと思っている。

« たばこ狩とイスラムの怒り | トップページ | 老眼矯正 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« たばこ狩とイスラムの怒り | トップページ | 老眼矯正 »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ