« クルーズの薦め | トップページ | クルーズの必携品 »

2009年4月 6日 (月)

日本人コーディネーター

今まで乗船した外国船の中には、日本人コーディネーターが乗っている船もあったが、1週間ほどのクルーズ中、先方から特段コンタクトもなく、またこちらもそんなものかと思っていて、特に接触したりお願い事を頼んだりはしていなかった。なのでサファイア・プリンセス乗船の際も、乗船確認書が代理店から届いた際、コーディネーターが乗船するという案内書きがあったものの、特に気にはしていなかった。

ところがロスで乗船してキャビンに入ると、テーブルの上にはコーディネーターの自己紹介と、日本人向け船内説明会を出港直後に開く旨の案内状が置いてあったので、早速それに出席する事にした。コーディネーターの彼女は、まだ若いものの要領よく説明を手短に行い、翌朝は船内各所を案内してくれたが、これがポイントを得ておりその後の船内生活に大いに参考になった。

毎日の船内紙 (PRINCESS PATTER) の翻訳は、細大漏らさず途中から英語の本文を読むのを止めてしまっても何の問題もない程である。航海日・上陸日の居場所なども良く判り、そのメリハリの効いた仕事ぶりに関心した次第。 私たちは船内に8箇所もあるレストランの予約を彼女にお願いしたところ、予約状況の確認報告なども確実で、若くても仕事に責任を持って取り組まれる方がいるのだと、大変心強く思った。なんでも日本人乗客がいる時には、日本の代理店から派遣されるそうである。

いろいろもっと内輪話や船の事を聞きたいと思って、無理を承知でディナーの席へご招待したのだが、彼女は固辞した。今から思えば、すべての日本人客に平等に接する必要があるのかも、と却ってお誘いした事が迷惑だったかと反省している。

とにかく日本人コーディネーターが優れていると、船内の快適さ便利さも格段に向上する事がわかった。プリンセス・クルーズが日本人にポピュラーな一因が判った気がしたが、日本人コーディネーターの存在をもっと大きく会社はアピールしても良いのではないか。(アンケートにはその旨書いて提出した。)

« クルーズの薦め | トップページ | クルーズの必携品 »

船・船旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« クルーズの薦め | トップページ | クルーズの必携品 »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ