« にぎやかな天地 | トップページ | ケン・グリフィー・ジュニアー »

2009年4月22日 (水)

神田川・その後

昼食に入った定食屋で、ぶりの照り焼き定食を食べていると、有線放送から、かぐや姫の「神田川」が流れてくる。何を隠そう、私はこの貧乏くさい歌が嫌いなのである。

その昔大学に入学した当初、地方から上京してきた新入生達は、受験疲れか蒼い顔色をしていた。それが夏休みを過ぎる頃からか、東京で育った私が知らない様な六本木やら原宿の話題を、彼らの何人かが声高にする様になってくる。と思うまもなく、女の子との付き合いを彼らは自慢しだし、2年生になるとやはり地方出の短大生などと、当時はやった「同棲」をしている輩がいたものである。硬派オクテの私などは、田舎から出てきた彼らが瞬く間に変身して、女性と暮らしているのを見ると羨ましくもあり、また「自分はしないし、できない」と反発心も混ざった複雑な気持ちだった事を思い出す。そんな「同棲世代」の気分をこの歌がうたっている事が、当時から私にはなんとなく疎ましくて嫌いだったのである。

さて貧乏くさい同棲カップルがそのまま結婚し、50年目の銀婚式を迎え、60歳の還暦の頃を振り返ったらどんな事になるのだろうか、などと「ぶり照り」をつつきながら、つらつら考えたのが ”神田川・その後”である。


”貴男はもう忘れたかしら、赤いチョッキをもらったことも
 二人で行った横丁の居酒屋、一緒にたべようと言ったのに

 いつもあなたが食べてしまう、残った唐揚げ芯まで冷えて
 小さな入れ歯カタカタ鳴った

 私は、貴男の匂いを嗅いで、加齢臭ねって言ったのよ

 この前の還暦何も怖くなかった、ただ貴男がぼけるのが
 怖かった ”

« にぎやかな天地 | トップページ | ケン・グリフィー・ジュニアー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« にぎやかな天地 | トップページ | ケン・グリフィー・ジュニアー »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ