« 夜と霧 | トップページ | お祭りオンナ »

2008年11月29日 (土)

田母神論文、どこが悪い!

雑誌「WILL」の最新号に「田母神(前空幕長)論文」全文が掲載され「田母神論文、どこが悪い!」という総特集が組まれている。面白そうなので早速書店で「WILL」を購入してみた。

まず問題の田母神論文を一読してみたが、しごくまっとうな事が書かれている。メディアによると 「日本は侵略などせず、戦争に巻き込まれた」 と言う氏の視点が批難されている様であるが、そういう面も先の大戦にはあったと思うので、論文発表の手続きとしての妥当性はさておき、中味については何故それほどバッシングされるのか私には良くわからない。 逆に航空幕僚長と言う仕事の傍ら、広く文献にあたり良く纏めているな、と感心する。

あの時代、西欧の列強と共に、日本も主体的に「侵略行為」をした事は否めないだろうが、中国やアメリカの陰謀に巻き込まれていった面も、多々あったに違いないと私は思っている。それが世の常である。またあの帝国主義の時代には、列強各国がこぞって侵略行為を世界で展開しており、その中で日本だけが際立って悪行を働いてきた訳でもないだろう。むしろ日本は、この論文にもある様に、士官学校に植民地の子弟を入学させたり、韓国や台湾に帝国大学を開いたりと、他国にない融和的な植民地の経営をしてきた事も、広く知られている処である。

一方、米国は日露戦争の直後から日本を潜在的な敵とみなし、対日戦の準備をしている事、日本の真珠湾攻撃を、ルーズベルトが米国参戦の絶好の好機と捉えた事などは、間違いのない事であろう。日本が悪であり、戦勝国の連合軍が正義の味方であるかの様な、戦後の東京裁判的な論調はあまりにも偏りすぎていないか。

それと共に、祖父の代の日本人は何か別世界の人逹で、まるで大陸で悪業ばかりを働いた様に蔑む事は、事実はもとより心情的にも到底受け入れ難いし、「一部の軍部の暴走」と言う批判も、そうとばかりは言えない国民的な支持が当時多々あったであろう。結局の処、世界の帝国主義社会の中で、遅れて開国した日本は、不可逆的に戦争への道を進まざるを得なくなり、同時に国際社会の厳しい渦の中に引き摺りこまれていったと言う「両面」がある、と言うあたりが真相ではなかろうか。ひとことで言えば「日本は(本来の否定的な意味での)ナイーブすぎた」と言う事ではなかったかと思うのだが・・・。 

私はその様に考えるので、田母神論文を読んでもなんら違和感なく、懸賞で選ばれただけの事はある、と思ったのだった。

ただ枝葉であるが手続き論として、懸賞への応募というのは拙かったのではないか。例えば過去に公害を出した事を社長が謝罪した上場企業が、今「エコ」や「環境にやさしい」と言う点で自社製品を売り込んでいるとする。その環境対策部門の長が、社長の発表と違って「あの時代は皆がやっていた、むしろあの時代としては注意している方だった。あの公害が本当にわが社から出された廃棄物のみで起こったとは、本当は科学的に証明されていない」 などと、その時点の事実であっても個人の意見を公の論文にすれば、やはりバッシングされるであろう。 「唇寒し秋の風」という事か。

今回の騒動、せっかくの論文である。田母神氏は、自衛隊を辞めてから懸賞論文に応募されれば尚良かった、と残念に思うのだ。

« 夜と霧 | トップページ | お祭りオンナ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 夜と霧 | トップページ | お祭りオンナ »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ