« グローバルフェスタ2008 | トップページ | 反エコロジー »

2008年10月 9日 (木)

のみの心臓

血圧は普通と思っているのだが、定期検診の時は高く出てしまう。私が受診する病院では着替えの後、健診項目の最初に機械で血圧を測る為、朝一番であたふた落ち着かないのだろうか、血圧が相当高く出る。半日ドックが終わって最後に医師の問診があるが、その際には、もうかなりゆったりした気分になっているので「ではもう一度測ってみましょう」という事で医師が計測すると平常に戻っている。

ところが昨年の人間ドックの際は、最後の医師の測定でも上が150位、下が100位にしか下がらず、自宅で「注意」する様指導された。なので秋葉原で最新鋭の高価な血圧計を買い、従来持っていたアメリカのコンシューマーガイドで「ベスト」と言われていた血圧計と合わせて2台をそれぞれ家と会社に置き、朝・昼・夜と一日3回徹底的にトレースする事にした。その結果を毎日エクセルの表にして約半年比較したところは、まったく問題ない事がわかった。朝は平均110/77 昼は111/79 夜110/68である。

「ほーれやっぱり心気性のものだ、白衣をみると高くなるんだ」と安心した次第でしばらく血圧の事は忘れていたのだった。ところが2週間位前、どうも二日酔い気味の朝、少しふらふらする気がするので、これは血圧が低いのかと久しぶりに測ってみた処、上は130ちょっと、下が92と逆に高め。下が90を越えた事は昨年の検診以来なかったので少しびっくりすると共に、少々意地になって90以下にしようと深呼吸をして数回計測しなおしたのがいけなかった。意識すればするほど、どきどきして何もないのに心拍数が80台(普通は60くらい)になり血圧は上は150、下が100までに上がってしまった。

こうなると血圧を意識しだし、低い数値をたたき出したくなって、その日以後血圧計が目に付く度に測りたくなるのだが、あのカーフを巻いて上腕を圧迫しだすと、どきどきと心拍数が早くなってくるのが分る。つい数ヶ月前むしろ低めの血圧だったものが、意識しだしてからは高くなってしまっているわけだ。家でどきどきするとは、なんとも情けないと思うのだが、深呼吸を繰り返してもあのカーフを見ると条件反射で脈がコントロールできないからやっかいだ。

妻はそんな私を見て「完全癖」「心理状態で血圧が上下しやすい性質なんだから、そう思っとけば良いじゃない」などと笑っていたが、そのうち「そう、頭で判っていても体が違う様に反応するのは、妻を怒鳴ってはいけないとわかってもついカーッとなる処と同じね」などととんでも方向に飛び火する始末。

しかしこれも慣れで、毎日毎日、意地になって測り続ける事1週間。初回が高くても2回目、3回目がすーっと下がる様になって来て、その経験の繰り返しから安心してくると血圧も安定しだすから不思議なものだ。 因みに一昨日の結果は1回目151/94・2回目(2分後)122/89・ 3回目(また2分後)118/83 と大幅に下がる。ゆったりするだけで数分で最高血圧は40も違うのだ。感情は意志でコントロールできないが、慣れによって落ち着くものだと改めて認識すると共に、自宅でこんな事にみずから緊張している自分の臆病さに苦笑してしまうのである。こんな性格は死ぬまで直らないのか?

« グローバルフェスタ2008 | トップページ | 反エコロジー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« グローバルフェスタ2008 | トップページ | 反エコロジー »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ