« 何である、アイデアル | トップページ | ステテコ »

2008年7月 2日 (水)

宿痾

10年来悩んでいた奥歯の歯槽膿漏。年に1回程、大体忙しい時に歯茎が腫れ、膿がでる。腫れた時はこれまで抗生物質を飲んで炎症がおさまるのを待っていただけだったが、思い切って歯科の先生を変えてみた。レントゲンをみるなりその先生「あ、これは無理ですね、抜きましょう」。えらい簡単なものだ。いろいろ丁寧に説明してくれたが、「いきなり抜きましょうって言うと、その後来なくなっちゃう人も多いんですよ」と正直。「でもこれはこれ以上ほっておくと廻りの歯に影響するし、思い切ってやりましょう」という事で、決心して本日仕事帰りの歯医者の予約をとった。

が、そもそも気が小さくて、歯医者のキーンというドリルの音を聞いただけで、気分が悪くなりそうな性質であるから、今日は夕方になると結構憂鬱な気分になる。妻がついて来てくれるというが、歯の一本抜くぐらいで大のオトコが奥さんについて来てもらうのも、どうもみっともない、急に「沽券」という言葉が脳裏に浮かんでくる。

「ついて行ってあげるよ」「うーん、でもいいよ」と携帯でやりとりする内、妻も「弱虫の夫の付き添い」という大義名分が今日はできて、勤務先を堂々と定時退社する口実になるらしい、と解る。そうか抜歯が人助けにもなるのか、という事で晴れて夕方歯医者で待ち合わせ。などなど抜歯1本でもいろいろあったが、もう腐りかけていた歯茎、麻酔をかけてもらい「さあ、これから抜かれるのか」と思っていたら「もう抜けましたよ、簡単だったでしょう」と誠にあっけなく済んでしまった。

隣の歯は、若い頃抜いてしまっており今日抜いた歯にブリッジになっていたから、今日の抜歯でこれもなくなり、しばらくの間2本歯が抜けた状態である。急に歯抜け爺さんの老け込んだ気分になってきた。

でもこの10年間、疼いて腫れて気になっていた歯がなくなって、何だか今晩はやけにすっきりした心持である。ついでに今日はお酒は駄目です、という歯科の指示なので禁酒も自動的にできた日であった。

« 何である、アイデアル | トップページ | ステテコ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 何である、アイデアル | トップページ | ステテコ »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ