« Airline Quality Rating | トップページ | いすゞガーラ »

2008年4月 9日 (水)

サラリーマンの王道

仕事から戻ってビールを飲みながらテレビで野球観戦、これぞ中年(壮年?)サラリーマンの鏡です。

今日の試合、巨人ー横浜を見ながらも考える。なぜ日本は野球場がセンターラインを中心に左右対称なのに、アメリカのメジャーでは左右非対称の球場が大半なんだろう。昔は用地の制約とかホームチームのメンバーに有利にボールパークを造ったという説もあるが、新設のものも、郊外にあるのもメジャーのボールパークでシンメトリーというのは少ない様だ。

アメリカでは観客席とグラウンドの間にフェンスがなく、直接ファールボールがライナーで客席に飛び込む事などから類推すると、ベースボールはもともと広場(Sandlot)から発展して来た「遊び」で、広場の大きさや形に応じて、そのまま観客も選手も隔てなくプレイ(遊ぶ)すると云うのが本来のベースボールの楽しみだったのではないだろうか。 シンメトリーにすると言う考えがそもそもなかったのではないか。

対して日本は、教育の一環として野球が発展して来たから、あくまで「平等」とか「イコールルール」の考えが根本にあって、左右均等に球場が造られてきたのではないだろうか。そしてグラウンドの選手は「選ばれた」人であるから観客席との間には仕切りも必要だったと思う。

例えば「オフサイド」というサッカーやラグビーのルールを考察しただけで一冊の本が書ける位である。それぞれのスポーツの由来を色々辿ったり想像したりしてみると楽しいものだ。

« Airline Quality Rating | トップページ | いすゞガーラ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Airline Quality Rating | トップページ | いすゞガーラ »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ