2018年8月14日 (火)

ワールドクルーズと世界史の再学習

20180814

飛鳥Ⅱで駆け足ながらぐるっと世界を廻ると今までと違った視界が開けてくる。今回オマーンのサラーラで本格的なイスラムの世界に触れ、マルタで十字軍騎士団の要塞を見てボストンで合衆国建国の足跡を訪れると、世界史をもっと勉強しておけば良かったとの思いがにわかに湧いてくる。私はこれまで宗教にも美術にもあまり興味がなかったから、西欧の古い教会やキリスト教の宗教画などに馴染めなかったが、実際にあらためて来てみると今までと違う想いが去来するのは年齢のせいだろうか。またかつての多くの戦地の跡や砦を訪れると、なぜ西洋人は歴史を通じていつも戦っていたのだろうかと疑問がおこる。


という事で世界史を勉強しなおそうと思い立ち、帰国後に適当な本はないかと物色していたら、山川出版「(新)もう一度読む世界史」とその付属本である同社の「詳説 世界史図録」を本屋の店頭で見つけた。なんでも山川出版の高校生向け歴史の教科書はつとに有名なうえ、同社の大人向けの学びなおし「もういちど読むシリーズ」も100万部を超えるベストセラーなのだそうだ。「もう一度読む世界史」は教科書仕立ての解説のほか多くの図表が掲載され、「ひと」「新常識」というコラムでは歴史学の新たな知見や新解釈などが紹介されており、読み物としても面白い。「世界史図録」の方も「もう一度読む世界史」に準じて多くの資料が載っており、これを眺めているだけで勉強になりそうだ。


かつて学校の西洋史の時間と言えば、年号を暗記し意味も判らずにただ断片的に起きた事件・事象を覚えたものだった。しかし歴史上の出来事、例えばイギリスの「大憲章」(マグナカルタ)とはどういうもので後世に何を残したか、宗教改革の後に北ヨーロッパが興隆し南欧が没落したのはなぜか、産業革命とは何かなど西欧社会の流れを踏まええつつ歴史を考えるようとすると「もう一度読む世界史」が大きなヒントを与えてくれる。今回のように「百聞は一見にしかず」でまず現地を訪れ、実際何があるのかを自分の眼でみて興味を持つと、初めて歴史を自分のものとして捉えようとする事がわかった。その意味で2年後と言われる飛鳥Ⅱの次回のワールドクルーズでは、終日航海中に「西欧史」の講座を定期的に催したら多くの乗船客が受講して面白いのではないだろうか。

2018年8月 8日 (水)

サマータイム導入を

このブログでも毎年、夏になるとアップしてきたサマータイム(夏時間)である。夏の朝あまりにも早く夜が明けすぎ (特に東日本では)、反対に夕方ゆっくり楽しめないのは損なので、個人的には夏になると家の時計一台を2時間早め、それに合わせて起床したり寝たりしている通りだ。などと思っていたら東京オリンピックを契機に安倍首相がサマータイム導入を検討し始めたと報道されている。もっともガーシュインではないが「サマータイム」と云うとどうしても「夏の季節」を表しているようで、アメリカで使われる「デイライトセービング・タイム」の方がぴったりくる感じがするのだが。


過去いく度か導入の可否が検討されたサマータイムだが、オリンピックの暑さ対策のほか、安倍首相は省エネ効果とともに経済効果に着目しているらしい。すなわち早く夕方~夜間のオフタイムが来るので、照明などの節約効果が見込めるほか、レジャーや買い物・外食の需要が増える事を期待しているそうだ。また明るい時間に活動するので交通事故や犯罪が減る事も見込まれている。反対に外が明るいため残業や夜更かしが増えるのではないかと心配する向きもあるが、人々の生活も多様化しているから明るいといっていつまでも仕事をしたり酒を飲んだりする時代でもないだろう。


もし2時間時計の針を進める社会になったら、勤務をさっさと切り上げ、夕方6時には近所のゴルフ場に行ってハーフラウンド回るなどという欧米のような遊び方が日本でもできるのではないか。仕事が終わらない分は朝早く片づける事になるだろうから、人々の働き方も随分と変わるだろう。もっとも今の社会はコンピュター内蔵の時間設定で世の中のシステムが動いているから、リセットの手間は覚悟しなければならない。私もかつてデイライトセービング・タイムに切り替わった日にアメリカで飛行機に乗り遅れた事があったし、今回の飛鳥Ⅱのワールドクルーズでも、時刻改正の日に時間前にダイニングに行ってしまったりと混乱した経験も多い。それでも朝のむやみに明るい時間が減り、夕方の光を皆で楽しめるのは素敵な事だと思うのである。

2018年8月 1日 (水)

シンガポール「『豊かな小国』の躍進モデル」を読んで

20180801
シンガポール・セントーサ

今回の2018年飛鳥Ⅱワールドクルーズの最初の寄港地は4月2日シンガポールであった。当日、飛鳥Ⅱはセントーサ島に渡るロープウエイの真下にあるクルーズターミナルに着いたが、その直後に米・朝会談がここセントーサのホテルで行われる事を知るよしもなく、我々はコンクリートで造成されたこの島を見物して回ったのだ。会社の現役時代はシンガポールには毎月の様に出張で来ていたし、妻も若い頃に長期出張で3カ月ほど滞在しているからここは我々には馴染みの国である。


米・朝会談で話題になった躍進するシンガポールから我々日本人が何を学ぶか、経済学者である猪木武徳・大阪大学名誉教授の読売新聞7月29日(日)付けコラム「地球を読む」がとても興味深かった。人口560万人のこの特異な都市国家は、今や一人当たりのGDPはアジアのトップで経済成長も年6%をマークしている。低成長にあえぐ我が国とは大きな違いだ。ここに来るたびに街が再開発され景色が変わるのに驚かされるが、かの有名なマリーナ・ベイ・サンズは完成から数十年後に取り壊す事を前提として、その期間もてば充分と韓国のゼネコンに安く作らせた、という噂さえ流布されている。


この様に日本とはまったく違う体制のシンガポールだが、猪木氏は出稼ぎ労働者の低賃金に支えられて国の経済が繁栄している事が問題だと指摘する。低所得の外国人に頼る 「 国家の統合性が不安定 」 な体制では、経済的価値以外に何を求めるのかについて国民的なコンセンサスを得るのが難しい。今は中国やシンガポールの様に一党独裁かつ自由が大きく制限された体制の国が、短・中期には経済成長しているのも事実である。しかし所得格差が是正されないまま富の不平等が進めば、いずれ独裁的な政治と市場経済は両立しなくなるであろうし、その徹底した実利追及主義では、長期的には国民の潜在的な力を引きだせなくなる可能性が大である事を猪木氏は指摘している。


さて猪木氏が関心を寄せるシンガポールは、はたしてこの先どうなるであろうか。かつて良く会ったシンガポール企業のトップは、この国では誰が何をしているかすぐ分かってしまうから、息を抜く時にはタイに遊びに行くと言っていた。我が国の企業から派遣された日本人も、便利だが季節感のないシンガポールにはあまり永く住みたくないという人が多い。経済が躍進する事が国家の第一目標だとしても、実利と競争一辺倒で、国民に根付いた慣習や社会構造が浅く、上質な文化の醸成が希薄、すなわち重層的な価値の蓄積が感じられない国が国民を幸福にする事ができるのだろうか。実験都市国家シンガポールの行く末は興味深いと、クルーズでの思い出や猪木氏のコラムを読みつつ考えた。

2018年7月19日 (木)

「保守の行方」と「保守と大東亜戦争」

20180719

物心ついてから私は一環して保守を自認している。かつて学生運動が盛んなりし頃は、機動隊に石や火炎瓶を投げる全共闘のヘルメット姿を見て、こちらから全共闘に石を投げていたものだ。今でも霞ヶ関などを歩くと、あまり身なりがきれいでない初老の人たちから「安保法制反対」だの「原発反対」だののビラを手渡されそうになるが、「俺は法案も原発も賛成だよ」とそんな紙は突き返してしまう。かつての革新、今で云うリベラル派の時流に乗ったような主張が嫌なのである。


といっても自分が誇りに思ってきた「保守」とは一体何なのか、本来の保守、保守の本質は何かという疑問にいつも突き当たる。ソビエト連邦が崩壊するまではアメリカに代表される自由主義経済と民主主義体制を信奉するのが保守で、平等に価値を置き計画経済のソ連や中共を模範とするのが革新だというはっきりした分類があった。日本でも「保守」は総じて「親米」だったし経済開放の勢力で、「革新」は社会主義・共産主義的社会をめざし全体主義志向の人たちだった。


しかし今や状況はかなり違う。東西冷戦が終焉しマルクス・レーニン主義は消滅、その後に出現した新自由主義や経済のグローバル化などによって「保守」とは一体何をさすのか定義する事が難しくなった。殊に自国第一主義を掲げるトランプ大統領の保護貿易を批難し「自由貿易を守るのは中国」などと云う最近の中国の発言を聞くと、プロパガンダに過ぎないのは判るが「自由を規制するのがアメリカで自由を守るのが中国か??」と苦笑する。


「保守」という概念を本当はどう捉えたら良いのかとの思いに、最近読んだ新書2冊がとても参考になった。「『保守』のゆくえ」(中公新書クラレ)の佐伯啓思氏は、今日の進歩主義やグローバリズムは従前の確かな価値や秩序原理をこわし、世の中を混沌状態に陥いらせているから、進歩主義を牽制すべきなのが保守者の基本だと言う。保守はそれぞれの国や地域で、歴史的に生成してきた慣習や社会構造、文化や価値観を急激に変更してはならない、改革は漸進的であるべきだと佐伯氏は述べる。


「保守と大東亜戦争」(集英社新書)の中島岳志氏も人間は不完全で間違いを犯すものだから、理性に万全の信頼を置く事は間違いであるとしている。信ずるべきは伝統や慣習、良識などであり歴史の風雪に耐えた社会的経験値で、やはり改革は漸進的に行うのが保守の態度であると云う。急進的変化、ラジカルで極端なものの中には必ず理性への過信が含まれており、それに依拠してはいけない事を、戦争反対を貫いた「保守派」の言葉から中島氏は導きだしている。


二つの書を読んでわが身を顧みたが、私は常々ラジカルな言動にはついて行けず社会変化はゆっくりが良いと思っているし、年齢が進むに連れて伝統や慣習にこだわる様になってきた。かつての革新派、今のリベラルの主義主張にはもとより賛同できないし、やはり自分は保守主義派だったかと再認識したのだった。

2018年7月 7日 (土)

飛鳥Ⅱ 2018年世界一周クルーズを終えて

家に帰ってもちょっと下を向いたり、段差を超えたりすると体が揺れて陸酔いをまだ感じる。早朝ふっと目が覚めた際は寝ぼけた頭に「今日はどこ?」という疑問が一瞬よぎる下船3日目である。今回の103日間のクルーズは小久江船長以下全クルーの尽力のおかげ、一言で纏めれば『とても楽しかった!』に尽きる。クルーだけでなく船上で歓談した新たな友人、その他このクルーズを支え旅を演出してくれたすべての関係者にお礼を述べたい。


2011年に始めて飛鳥Ⅱのワールドクルーズに乗船した際には、多くの乗客から「若いネエー!」と言われ、場違いな所に来てしまったかと当惑もしたが、今回はこちらの年齢も上がり、面の皮も厚くなっってそのような言葉も受け流せるようになった。横浜から乗船して神戸下船まで102泊(103日)、ツアーで船を離れる事もなく完乗した距離は船長放送によると30,851マイル(57,137.5キロ)で地球1.4周に相当するそうだ。


この間に夫婦二人で船上ジョギングした距離は758キロ、内訳はデッキ1,071周=462キロ・フィットネスのマシン217キロ・上陸地で79キロだった。通った社交ダンス教室(午後の中・上級クラス)が45分レッスンを67回、私個人がマリナーズクラブのグランドピアノを借りてピアノレッスンをしたのが1時間X24回となった。また船上からこのブログ更新が25回、禁酒日は(残念ながら)なしという乗船結果であった。


殊に乗船中に留守の家の空気を入れ換えたり、郵便物や税金支払いなど対応して貰った義離の母、クルマのエンジンを時々かけてくれた義理の弟、その他長期休暇の無理を聞いてくれた仕事関係の各位に感謝である。また何とかかんとか最後まで中上級のレッスンについていけたのも、乗船まで指導して下さったダンス教室の先生のおかげだ。最後に今の気持ちは”若手、若手とおだてられいい気になって103日、娑婆に帰れば年金もらうシニア老人!”

それにしても楽しかった夢のクルーズであった。


アデン湾の自衛艦せとぎりの隊員、海保の職員の皆さん、ありがとうございました。20180707

2018年7月 2日 (月)

飛鳥Ⅱ 2018年世界一周クルーズ終了目前

180702_155302_2

ワールドクルーズの場合には横浜からの乗船者が同じ料金で神戸まで行けるという特典を利用して我々は神戸で下船する事にした。そうして1日延び103日間となった2018年飛鳥Ⅱ世界一周クルーズもいよいよ下船が間近になった。本船位置を知らせるキャビンのテレビ画面の左隅に日本列島が表示されているのを見る度に寂寞間が湧き上がってくる。桜のニュースを後に出発し梅雨も明けた頃に帰るこのワールドクルーズ、私にとっては総じて大変楽しく思い出深い旅だったといえる。


まずミコノス島に上陸する日こそ荒天で抜港になったものの、それ以外は時化の日がとても少なかったのが良かった。もっとも揺れないおかげでダンス教室のレッスンが予想以上に進み、何とかついていった中・上級ダンスクラスでは知らないステップに面食らう事も多かったものだ。長さ200米、巾30米の空間で700名の乗船客が生活を共にする訳だから中にはエッと思うような人もいたが、逆に今回もまた帰国後も会える友人ができたのも嬉しい。オマーンやスペイン、グアテマラと初めて訪れた国も印象深い。


なにより小久江船長はじめ運航スタッフ・ホテル部門スタッフ全員が毎日毎日、乗客をいかに楽しませるか、最大限の工夫を凝らしている事が伝わってきたのが嬉しいクルーズであった。思い起こしても予定の寄港地の他に船長の判断でカプリ島やアマルフィ(イタリア)、ジャアンツコーズウエイ(北アイルランド)、ナパリコースト(ハワイ)などの名所のほか、カーリングストーンの産地アルサクレイグ島(スコットランド)、スターウォーズのロケ地スケリッグマイケル島(アイルランド)などに最大限近寄ってくれたのに感激した。そのほか様々なイベントで船内を盛り上げてくれた若いエンタメクルーにも感謝である。神戸で下船してもしばし虚脱感に苛まされそうな気がする下船三日前である。

世界のカーリングストーンのほとんどを産出するアルサクレイグ島

180514_163157

2018年6月30日 (土)

飛鳥時間

180417_165806

ダイニングオープン前の行列

ホノルルを出ると船内は帰国ムードで一杯だ。1ミリも作業を開始していない我が家を尻目に、衣類を宅配業者経由で自宅に送るダンボール箱をもういくつ作ったと云う会話が飛び交っている。乗船する際はこの先100日間の寄港地や天候を考えて衣類や持ち物を選ぶ必要があるが、下船時は部屋のものをダンボール箱に詰めるだけである。なぜそんなに早くから準備を開始する必要があるのかといつも不思議に思うのである。


夕食の時間は一回目も二回目もダイニングが開く10分ほど前から入り口の前に行列が出来る。飛鳥Ⅱの夕食は指定席でなく自由にテーブルを選べる方式である。それでもダイニングのキャパシティは充分過ぎるほどあり、テーブルを確保できないなど云う事はまったくないのになぜか列をつくる人が多数いる。毎日いやになるほど海を見ているから今更窓際などにこだわる事もないし、時間を過ぎてからノコノコと入る私達にはオープン前にわざわざ行列するのが飛鳥七不思議のひとつである。


本船から出るオプショナルツアーは、一旦ラウンジかシアターに指定時間に参加者が集合し人数を確認してから出発する。ここでも指定時間の20分ほど前から参加者が集まり始め、定刻の5分ほど前には全員が出そろう。ギリギリに指定場所に行く私達はいつも最後で、すでに集まって待っている連中に「こいつら遅いなあ」と云う顔をされる。キャビンで準備中に係りから電話があり「皆様もうお揃いですが来られないんですか?」と聞かれ「エー!?まだ5分前でしょ、定刻には行きますよ」と応えた事も一度ならず。ことほど左様に飛鳥船上に流れている時間は、普通の感覚より相当せっかちのようだ。

180611_081607

オプショナルツアーの集合時間一覧

2018年6月29日 (金)

寄港地での食事の楽しみ・後半

180617_160102

大味だったブリトー(サンディエゴ)

本船の料理もうまいがたまには味の濃いものが恋しくなる。クルーズ後半寄港地の外食。


ボストン。フェンウエイパークでは名物のクラムチャウダーの他にホットドッグにビールである。最近のアメリカの球場は成人である事を示す写真付きIDを提示しないとアルコール類が買えない。普通は免許証を見せるが我々旅行者は一々パスポートを見せるほか「球場の方針」とかで一人ビール2杯までなどと煩わしい。もっともこれはスタンド下など正式な売り場でのルールで客席を廻る売り子はIDなどに頓着せず売れるだけビールを売っている。


ナッソーでは飛鳥Ⅱを目の前にコンク貝のフリーッターとサラダ、もちろんバハマの地ビール「KALIK」も…。船を目の前に飲んだり食べたりしていると帰船時間を気にしなくて良いのが嬉しい。


グアテマラの古都アンティグアでは町の中心・時計台近くのレストランに入る。鶏肉をスパイシーなスープで煮込んだスバニク(SBANIK)が大当たり。メニューを見てアタリをつけたのだがこれが想像通りでとてもうまかった。知らない土地でよく判らないメニューからエイヤ!と選んだ料理が旨いと「ヤッタ」と快哉を叫びたくなる。


サンディエゴはメキシコ国境の都市。最近アメリカでは一角を歴史的な装いにして観光客を呼び込む町が多いが、ここも”オールドタウン”地区がそうなっている。お約束のブリトーに妻はビーフタコス。ビールもおなじみ”XXドス・エクス”の生!。

0629r

写真は左上から時計回りにホットドッグ(FENWAY DOGとA FOOTLONG DOG、ボストン)・コンク貝料理(ナッソー)・ビーフタコス(サンディエゴ)・スバニク(アンティグア)

2018年6月28日 (木)

アンティグア観光

180611_120055

十字架の丘

グアテマラはかつて栄えたマヤ文明の中心地であった。スペインが統治したあと19世紀初頭にメキシコに併合されたものの、他の中米の国々と同じようにメキシコの内紛によって独立した。マヤ文明の中心地だけあってインディオの比率が高く、住民は純朴で我々と目が合うと「オラ!」とにっこりと笑って挨拶してくれる。飛鳥Ⅱはそのグアテマラのプエルト・ケッツアルに6月11日に入港した。プエルト・ケッツアルは首都グアテマラシティの外港とは云え周囲にこれと言った観光地もなく、治安もあまり良くない。なので我々は船から出る有料の連絡バスで約100キロ離れた古都アンティグアに行って観光することにした。


アンティグアはスペイン植民地時代の首都で高度約1000米余の高原にある。プエルケッツアルからマイクロバスで2時間弱だが、折りしも入港前に噴火したフエゴ火山によって最寄の高速道路が通行止めとなり、バスは途中からローカルの山道を抜けてアンティグアに向かう。日本製のバスはシートベルトもない古いクルマで、がたごとの道を飛び跳ねながら走ると「田舎のバスはオンボログルマ♪」と昔の歌を思い出す乗り心地である。片側一車線の山道は渋滞続きだったが、民家の軒先をかすめてノロノロ進んでいると、グアテマラの人達の生活が垣間見えゆっくりの旅も楽しいものである。


アンティグアの町は、3キロ四方ほどのこじんまりとした町で、石畳の道を歩いて観光できる。ガイドからは「十字架の丘は歩いて登る山道に強盗が出て危ない」と聞かされたが観光の要所には警官が配置されており危険はまったく感じなかった。20年前に当地にいた義弟によると、当時も強盗に注意と云われていたそうで、多分その頃の事件がいまだに上書きされず語り継がれているのだろう。総じて飛鳥Ⅱから出るツアーは安全第一に傾き過ぎるばかり、自分達で歩いて回るには充分な情報が行き渡らない時もある。それにしてもかつて義弟からグアテマラの話を聞いても、ひどく遠い国に感じていたものだ。それが飛鳥Ⅱに乗るとこうして簡単に来る事ができる。有名観光地だけでなく、思わぬ場所へ連れて行ってくれるのもクルーズの楽しみだと今さらながら思うのである。

180611_095425

2018年6月23日 (土)

飛鳥Ⅱ代替船

180617_104519

サンディエゴの飛鳥Ⅱ

1990年にクリスタル・ハーモニーとして完成した飛鳥Ⅱも船齢28歳と相当なお婆さんになった。リプレースについて様々な検討がなされているが、プランが具体化して発表できるような段階ではまだないとされる。関係者の話では次のワールドクルーズは2020年を予定しているそうで、それまではこのまま本船を使う事は間違いないだろう。それどころか大型クルーズ船を建造できるドックは世界でも限られており、数年先の受注まで発表されている中に飛鳥Ⅱの代替船が見当たらないないから、中古船でも買ってこない限り当分の間この飛鳥Ⅱが使われるはずだ。


中古船の購入も考えられるものの、メンテナンスの面からみて日本で汎用される諸機器を装備した船が候補として望ましいが、欧州の造船所で完成した船はヨーロッパ仕様とあって部品の交換も容易ではない。水まわり一つとっても浴槽につかる習慣をもつ日本人向けの船と、シャワーで充分の西欧向けの船では、タンクや増水設備の基準が大きく異なるであろう。その他ランドリーの設備やら厨房・食料貯蔵設備などを考えると、中古船を購入してすぐさま飛鳥クルーズに転用するのは簡単ではないはずだ。


ひょっとすると数年後には”にっぽん丸”や”ぱしび”と業務提携したり、外資と組んでまったく新しいコンセプトの日本船(日本籍に必ずしもあらず)が誕生したりする可能性もある。すでにコンテナ船の分野では郵船・商船三井・川崎汽船の大手三社が新しい会社を作って共同事業を進め始めた通りである。造船所もクルーズの建造については我こそはと思う日本の造船所が現れることを望みたいところだ。飛鳥Ⅱのデッキに張り巡らされた素晴らしいチーク材は資源的にもう大量に入手するのが困難らしいが、様々な隘路を克服し次世代の日本船が早く発表されないものか。諸外国の港でモダンなデザインの大型船と並ぶと、本当は贅沢な造りながら見た目は一世代前の船である飛鳥Ⅱにちょっと肩身が狭い感がするのである。

«カルタヘナの要塞で考える

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ